2014/12/03

フランスのクリーニング店から学ぶ

フランスでは、ドライクリーニングの業務を「ブレッシング業」、クリーニング店を「アトリエ」と表現しているらしい
ファッションの国フランスのクリーニングでは、衣類のシルエットやデザインを大切にした仕上げ作業が非常に重要視されているようです
街中のクリーニング店では、ハンドアイロンを使って極めて丁寧な仕上げを行っている…
衣服文化の継承で、最も大切なことです
日本のクリーニング業界でも見習うべきであろうと思います
タカハシクリーニングでも勿論、衣生活において省資源・リサイクル型社会の先端を担うため
「大切な衣服を…大切に扱う」
そして、お客様に心地よく…衣服文化を楽しんでいただきたいと願っています
そんな地域づくりを目指して!!

コメント

非公開コメント