2014/12/08

柔軟剤は香りだけ?

おはようございます
タカハシクリーニング 次男坊です。

いよいよ雪も降り始め
本格的に寒くなってきました。

ところで今日は臭いについてお話しします。
次男坊は自分の衣類を洗うとき
汚れが落ちたかというよりは
臭いが取れたかを気にします。
臭いも汚れが落ちたかの基準になります。
(※ここでの臭いは、主に汗の臭いにします。)

この臭いは主に皮脂汚れ(汗の汚れ)が原因で
(我々はたんぱく質系の汚れなんても言いますが)
体の中の脂肪酸という奴が
本来、体内で燃焼してくれればいいんですけど
燃焼しないと余分な脂肪酸が汗と一緒に出て
衣類に着くとそれが臭いとして残るわけです。

ここで臭いに関しての解決策として
勘違いしてはいけないのが
柔軟剤を大量に使うこと。
最近、やたらと柔軟剤の種類が増え
特に香りのバリエーションが多くなりました。
なんでも年々柔軟剤の消費率は増え
今では洗剤並みに売れているそうです。

それだけ匂いに敏感になっているのは
もちろん悪いことではないのですが
あくまで臭いの原因は『汚れ』。
時間が経つごとに雑菌も繁殖してきますから
それを防ぐためにも汚れをキレイに落とす。
臭い対策はもうこれに尽きると思います。
そもそも柔軟剤は衣類を保護し
手触りを良くしたり
静電気を防止したりするものなので
その目的をまず忘れないようにしてください。
そうすれば柔軟剤も適量で程よく香ると思います。
ただ人間の匂いに関しての感受性って様々なようなので
これはあくまで次男坊の見解です。
柔軟剤の香りが好きな人もいますので
こうした方がいい!!とは言いません。
ただはっきり言えるのは
臭いに対して使う柔軟剤は(消臭スプレーもそうですが)
一時的なものであり、そもそもの目的と異なるということは
改めて理解していただけるといいと思います。

今日は結局何を言いたかったのかよく分かりませんが(笑)
日頃の衣類のケアで臭いは十分防げると思います。
そんなところで、今日はこの辺にしておきます。
長くなりました。読んでいただきありがとうございました。
タカハシクリーニングHPはこちら

コメント

非公開コメント